2017年9月23日 (土)

夕焼け 2

.

DSCF6955

X-E2 XF50mmF2

先週、休みの日に海水浴シーズンが終わった南房総の海岸へ。
やはり薄曇りの日だったのですが、日没頃に見事に焼けた!

静かな海で空の色が刻一刻と移り行くのを
のんびりと眺めてるのは至福のひと時。
近所の猫も桟橋で夕焼けを堪能してる!?
(3枚目、ちょっとわかりづらいですね)

.

DSCF3575

X100F

.

DSCF6939

X-E2 XF50mmF2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け 1

.

DSCF6883

.

今年の夏は曇りがちで、夕焼けを見る機会が少なかったのですが、
先週、曇り空の夕方、赤く染まった窓の外は
西の雲が切れて見事な残照。

.

DSCF6889

X-E2 XF50mmF2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

再編

.

DSCF6848

.

今年は2月に一眼レフ一式を手放し、完全にミラーレスと
APS-Cのコンデジに移行し、さらにミラーレスは主力が
オリンパスからフジに代わってきました。

そこで使う機会が激減した50mm相当のパナライカ25mmと
ファミリーポートレートとの謳い文句のオリンパス45mm
(小さく軽くボケも綺麗!な90mm相当)の2本を下取りに、
75mm相当のフジXF50mm F2を入手。

同じ50mmはライカMマウントのMFレンズがいくつか
ありますが、やはりAFが使いやすい。
特にミラーレスの強みの顔認識や、瞳認識が便利。

このレンズ、うわさ通り、ピントのキレと
ボケがいですねぇ。

上のカットは以前、GXR A12 50mmユニットで撮って
GR BLOGで選出されたことのあるのと同じ構図ですが、
GXRはA12 50mmユニットだけは、ボケがとても綺麗で、
玉ボケが四隅でも歪まないという特徴があるので、
手放さずにいるのですが、ここ2年使ってない。
残すか、手放すか迷っているところです。

.

DSCF6907

.

DSCF6974

.

DSCF7004

X-E2 XF50mmF2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

新宿 Jack and Jill

.

DSCF6801

.

以前はよくR-D1sにKonica 50mm を着けた、
換算75mmで 撮っていました。

R-D1シリーズのファインダーには3種類の
ブライトフレーム、28mm、35mm、50mmがあります。
それぞれのレンズを装着したときの写る範囲がわかります。
R-D1sはAPS-Cのセンサーなので、1.5倍のレシオが
かかり、実際には42mm、52mm、75mm相当の写真が撮れる。

ライカMマウントでは最短撮影距離が70cmとか1mなので
現代のレンズに比べて圧倒的に寄れない、大きく写せない。
そこで50mmをよく使ってました。

2013年頃はかなりR-D1sを使っていて、MFでピントを合わせて
いたのですが、その後人を撮りたい思いが強くなっていくと
AFで撮れるミラーレス一眼に主力機が移っていきました。

ミラーレス一眼のOM-DやXE-2では50mm相当のレンズでの
撮影が多かったのですが、ふと、75mmで撮ってみようと思い、
X-E2にマウントアダプターをかませて着けたのが
1958年製のErrmar 5cm F2.8で新宿をスナップ。

.

DSCF6811

.

DSCF6813

.

DSCF6816

X-E2 Errmar 5cm F2.8

.

1978年、レイパーカー Jr. とレイディオでJack and Jill

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUJIKINA 4 More than a feeling

.

DSCF6758

.

内田ユキオさんのトークショーの続き

上はX-E3のカタログに掲載されたもののアザーカット。
この場所で構えて41枚目の写真。

カスタム設定にその雰囲気を冠した名前を着けた例、
取材地がボストンなので、ロックバンド、ボストンに
ちなんでアマンダとか、ストックホルム、ケンブリッジとか
そういう楽しみも紹介してくれました。

飛行機雲がXのタイミングを収めた一枚で
ボストンの話が終わりましたが、そのスライドの
タイトルがボストンのヒット曲“More than feeling”

その後はX-E3と他のカメラを持ち出すときの組み合わせで
X100Fとでは、広角をX100Fに任せて、
X-E3にはXF50mm F2をピックアップ。
換算で35mmと75mm、いいですよね!

.

DSCF6760

.

DSCF6764

.

DSCF6765

.

1976年、ボストンでMore than a feeling

.

 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

FUJIKINA 3

.

DSCF6744

.

FUJIKINA 東京で一番楽しみにしていたのが、
内田ユキオさんのトークショー。
この日発表になったX-E3のカタログ写真のために
ボストンに行き、そこで撮影された時の
カスタムセッティングの設定もスライドで
写真とともに紹介してくれました。

トークショー中の撮影可だったので1から7を
載せちゃいます。
X使いの皆さまご参考にしてください。

プロビアはShadow -2で、Color -1、
ちょっと抑え気味ですねぇ。

.

DSCF6745

.

DSCF6746

.

DSCF6747

.

DSCF6748

.

DSCF6749

.

アクロスは、WB:タングステン!!

.

DSCF6750

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

FUJIKINA 1

.

DSCF6773

X-E2 XF35F2

.

先週の木曜日、都内三田の綱町三井倶楽部で行われた
FUJIKINA 2017 東京に行ってきました。
最初は木曜の夜とはいえ、仕事はあるし無理だろうなぁと
諦めていましたが、よく見ると18:00~22:00で
いくつも行われるセミナーやトークショーのうち
内田ユキオさんのトークショーの2回目が
21:15~22:00で、これなら何とか間に合うかも
と、仕事が終わって急いで会場に向かうと
21時前には到着しなんとか間に合いました!

.

DSCF3550

.

DSCF3547

.

DSCF3534

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

主力機

.

DSCF6716

.

今、主に使ってるカメラはX100Fで次がGR、そのほかに
X-E2とOM-D EM5が続きます。

GR以外はどれもシルバー、
フィルム時代のフォルムと色で占められてる。
クラシックではありますが、ボクにとっては
カメラとはこんな形だよなと思っています。

.

DSCF6696

.

R0015962

.

DSCF3463

.

R0015965

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

昨日は世界猫の日

.DSCF4862

.

しばらく忙しくて、更新が滞ってたら、1日遅れてしまったのですが、
昨日は世界猫の日でした。
日本ではニャン、ニャン、ニャンで2月22日。
ニャンと2は日本語じゃないと通じないだろうなぁ。

ということで久しぶりの更新は猫!
これを撮るのに床に這いつくばって撮ったのですが、
こんな時に液晶がチルトすると楽なのですよね。

FUJI X-E3のうわさがちらほら出てきましたが、
液晶はどうも固定のままらしい・・・
X-Pro2やX100Fに導入された
ジョイスティックは搭載されるらしい!
ボディ内手振れ補正は開発中だがX-E3には
まだ載らないらしい、などなど・・・

今、X100Fを持ち出す機会が多く、最近X-E2は
ちょっと出番が少ないのですが、
このカメラも好きなんだよなぁ。

.

DSCF5263

.

DSCF5273

X-E2 XF35mm F2.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

スナップ4

.

DSCF5571-001

X-E2 XF35mm F2

.

回顧録シーズ6回目は昨年、2016年のさらなる変化の続き…

フジのX-E2と50mm相当のレンズの組み合わせは
GRとツートップになり、OM-Dは
主に28-300mm相当の高倍率ズームとの組み合わせで
持ち出し回数は半減したものの、撮り鉄や風景で活用してます。

OM-Dと14-150mm IIは防塵・防滴でありながら
軽量・コンパクトで、歪曲収差も補正されてて
自分的に画質には満足しており、マイクロ3/4の
一番いいところを体現してると思います。

ボクが今レンズについの好みは、
コンパクトな高倍率ズーム+単焦点。

過去にはEOSのEF-S 17-55 F2.8 IS という
27-88mm相当の大口径標準ズームを
使っていたのですが、今は単焦点を主に使っているのに
ズームだとなぜか欲が出て
3倍程度の倍率だと、満足できなかったんですよ。

単に外でのレンズ交換が面倒なんですけど。
あと、大口径といっても、F2.8なのに大きい・重い。
単焦点なら、2段明るいF1.4でも小さく軽いです。

かと言っても標準3倍ズームの範囲で8割くらいの
写真を撮ってますから、今は28mm相当のGRと
50mm前後のもう一台の、二台持ちでも
コンパクトで持ち歩くのも軽やかに。
ズームできない分は自分の足で動く。

ちなみに2008年、美瑛に行った時はEOS-40Dに
EF-S 10-22、EF-S 17-55 F2.8 IS、
EF 70-200 F4 L ISにGRD、カーボン三脚!
などという重装備を大きなカメラバッグに入れて
何でも来い!!ってな感じで、行ったのですが、
今ではとてもそんな苦行のような
重い機材を抱えて旅行に行くことなんて考えられないなぁ!

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧