2017年9月23日 (土)

夕焼け 2

.

DSCF6955

X-E2 XF50mmF2

先週、休みの日に海水浴シーズンが終わった南房総の海岸へ。
やはり薄曇りの日だったのですが、日没頃に見事に焼けた!

静かな海で空の色が刻一刻と移り行くのを
のんびりと眺めてるのは至福のひと時。
近所の猫も桟橋で夕焼けを堪能してる!?
(3枚目、ちょっとわかりづらいですね)

.

DSCF3575

X100F

.

DSCF6939

X-E2 XF50mmF2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

丸の内 5

.

DSCF3602

.

台風が接近していた17日、内田ユキオさんのトークショーに
再び行ってきました。FUJIKINAの時と同じくX-E3について
でしたが、内容が少し違っていて、楽しめました。

2年前に、同じく秋葉原ヨドバシで、その時は
X-T10の発売記念でしたが、内田さんのトークショーを
聞いてだいぶXシリーズに惹かれ、
いまではすっかりXシリーズがメイン機になっています。

トークショーのあとカスタム設定をいじりながら、
雨の丸の内をプラプラ撮り歩き。

,

DSCF3611

.

DSCF3604

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

FUJIKINA 2

.

DSCF3506

.

FUJIKINA 東京ではドレスコードが指定されてました。
と言ってもジーンズ、Tシャツ、短パン、サンダルはだめという
緩いものではありましたが、きとても着飾った綺麗な女性が多かったなぁ。
それに比べて、自分を含めた男性陣はぜんぜんパッとしてなかった(汗;)

.

DSCF3516

.

DSCF3509

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

FUJIKINA 1

.

DSCF6773

X-E2 XF35F2

.

先週の木曜日、都内三田の綱町三井倶楽部で行われた
FUJIKINA 2017 東京に行ってきました。
最初は木曜の夜とはいえ、仕事はあるし無理だろうなぁと
諦めていましたが、よく見ると18:00~22:00で
いくつも行われるセミナーやトークショーのうち
内田ユキオさんのトークショーの2回目が
21:15~22:00で、これなら何とか間に合うかも
と、仕事が終わって急いで会場に向かうと
21時前には到着しなんとか間に合いました!

.

DSCF3550

.

DSCF3547

.

DSCF3534

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

有楽町 4

.

DSCF1949

.

夜のスナップ、窓から漏れる光。
電球色が温かくていいですよね。

.

.DSCF3390

.

DSCF3397

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主力機

.

DSCF6716

.

今、主に使ってるカメラはX100Fで次がGR、そのほかに
X-E2とOM-D EM5が続きます。

GR以外はどれもシルバー、
フィルム時代のフォルムと色で占められてる。
クラシックではありますが、ボクにとっては
カメラとはこんな形だよなと思っています。

.

DSCF6696

.

R0015962

.

DSCF3463

.

R0015965

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

有楽町 3

.

DSCF3370

.

なんかちょっといい光景

.

DSCF3401

.

DSCF3408

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

銀座

.

DSCF3362

.

銀座ライカ近くのこのピンクのビルは、
日が落ちて暗くなるころ、怪しい光に照らされて
いつも気になる。

.

DSCF3363

.

DSCF3365

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿

.

DSCF3323

.

恵比寿でチェ・ゲバラの写真展を見てきました。
チェ・ゲバラのことは、ほとんど知らず、キューバの革命家
くらいの知識しかありませんでしたが、
ラジオで写真展の事を聞いて、会期ぎりぎりに
行ってみたら、長蛇の列で1時間待ち!

1928年、裕福なアルゼンチン生まれの医師で南米の
放浪旅行でカストロと知り合い、キューバ革命に従軍。
革命後、国立銀行の総裁や、工業大臣となり
アジア・アフリカに親善大使として、来日。
その後、国際革命闘争に参加するため
世界を転々としながら、1967年ボリビアで捕らえられ、39歳で処刑。

革命運動中や大臣としてアジア・アフリカを訪れた時、
また、キューバや、家族の写真を撮っていて
展示されていた愛用のカメラはNikon S2、レンズは珍しい5cm F1.1

南米の遺跡が好きだったという、そのほか、
発展する工場や、広島を訪れた時の写真、
家族の写真や登山の時のものなど、革命の英雄が見た
日常や世界各地で目にした光景がありました。

もしチェ・ゲバラが生きていたら89歳。
今の世界は彼の目に、どのように映っているのでしょう。

.

DSCF3333

.

DSCF3335

.

DSCF3352

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

雑感

.

DSCF3212

.

ちょっと前のエントリーでFUJIのX-E3のうわさについて
記しましたが、ほかのカメラについて雑感を・・・

今年手放した一眼レフ、フルサイズの普及や
高画素化で最近のレンズはどんどん大きく重くなり、
ボクからはますます 遠い存在になってます。

それでも、たまにカメラ屋さんで手に取ってみるのが
一番小さなエントリーモデル。そこで最近アッと思ったのが、
EOS KISS X9のシャッター音。

11年前、初めて手にしたデジタル一眼レフがKISS Digital Nでした。
その時から先代のKISS X7やX8iまでは
シャキーン、シャキーンというシャッター音だったのが
X9ではパコン、パコンと中級機のような乾いた音になってました。

ちょうど10年前の8月に買ったEOS 40Dは当時話題になった
パコン・ブーンという変な振動音があって、
あまり気持ちのいい音ではなく、シャッター音に関しては
ニコンの中級機がとても気持ちいい音を出すなぁと
ずっと思ってました。ニコンのシャッター音を言葉で表すと
クシュルッ!ってな感じかな(笑)

シャッターを切る瞬間のミラーの上げ下げや
シャッター幕などの一連の動きを
一つずつ微妙にずらして、耳障りな衝撃音を
和らげているように感じます。
とても精密な機械が次々と連続して動作を行うような
なんか、そんな感じで心地よいのですよ。

近い将来、主流は一眼レフからミラーレスに
移るでしょう。その時一眼レフに求められるのは
そんな官能的な部分が大きくなるんじゃないかと思います。

.

DSCF3228

.

DSCF3245

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧