2017年9月20日 (水)

再編 2

.

GR009554

.

もう一つの再編はGRの活性化!
X100Fが来てからちょっと移動率が落ちてるGR。
以前より28mmよりもっと広角も欲しいという
気持ちがあり、いくつか検討していました。

現在手元にあるのはオリンパスのとてもコンパクトな
9-18mm広角ズーム(18-36mm相当)。
ただ、街スナップにはズームできると逆に
決め打ちできない、足を使わず、なんか
中途半端になってしまうんですよね。

撮影できる位置が限られる風景や、撮り鉄のときは
ズームが必要なんですが、それはオリンパスの
レンズで行い、スナップでは単焦点を選んでます。

そこでGR のワイドコンバージョンレンズ、
ワンタッチでGRが21mmになります。
それほど多く使う機会はないと思いますが、
35mmのX100Fとの組み合わせで、
選択肢が少し広がるかなと期待してます。

GRにつけると、うわさ通り、フロントヘビー!
ガラスの塊っていうレンズですからね。
出目金気味のレンズにプロテクトフィルター
を付けたのですが、けられるという話が多い中、
手持ちの薄型なKenko PRO1Dはけられませんでした。

これで21、28、35、50、75mmが揃い、
これらの組み合わせで出かけることに
なっていくでしょう。
と、本人以外にはどうでもいいお話でした(笑)

.

GR009520

.

GR009525-001

GR+WC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

主力機

.

DSCF6716

.

今、主に使ってるカメラはX100Fで次がGR、そのほかに
X-E2とOM-D EM5が続きます。

GR以外はどれもシルバー、
フィルム時代のフォルムと色で占められてる。
クラシックではありますが、ボクにとっては
カメラとはこんな形だよなと思っています。

.

DSCF6696

.

R0015962

.

DSCF3463

.

R0015965

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

曇り

.

GR009254

.

関東では8月に入ってからずっと曇りで暑すぎず
過ごしやすいのですが、今年の天候は変ですねぇ。

梅雨はあまり雨が降らず暑くて、荒川水系では
取水制限があったりして、この夏は水不足かなと
思いながら梅雨が明けると雨が続き、8月に入ったら
曇りばかりで夏らしい晴れがほとんどなし。

農作物、特にお米が心配です。コメ不足でタイから
緊急輸入した1993年のようにはならないでほしいな。

.

GR009257

.

GR009260

GR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

スナップ6

.

GR008709

GR

.

X100Fのビデオの続き、
この写真家の動画もお気に入りです。

「X100Fを取り出してF2.8、ISOオート、1/125にセットする
すると、自分の気持ちを完全にストリートフォト・モードにできるから」

「ガラス越しの写真を撮るときはS-AFがいいだろうな
F4.0あたりで深度をかせいでいればなお安心だ」

しびれるぅ!

イギリスののXフォトグラーファー、マット・ハート

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

スナップ5

.

GR008719

GR

.

回顧録も終わって、さて、今後はどうなるかというと、
撮りたいものは相変わらず
なかなか撮れないんですが、普通の市井の人と、
街のスナップとうちの犬や猫と、空とか海。

機材は小さな単焦点のカメラを2台持ちでいくでしょう。
10年前と比べて一眼レフとコンパクトなカメラの
画質の差が無くなったので重い一眼レフを
持ち出す必然性が薄れたと思います。

もし今後ボクが一眼レフを使いたいと思うのは、
光学ファイダーを見て、シャッターを切った時の
心地よい音が懐かしくなった時だろうなぁ。
EOS 40Dのシャッター音は・・・、コレジャナイ!

2/23に発売されるX100Fで撮られた
ストリートスナップのビデオ。
ずっとGRの28mmを使ってきたので
ちょっと近い画角だからと避けてきた35mmですが
これを見るといいなぁと思えて来ました。

.

カナダのXフォトグラーファー、Patrick La Roque

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

スナップ

.

GR008645

.

過去10年間に持ち出し回数の傾向まとめた
回顧録シーズ3回目は2014年から。

どのカメラを多く使うかは、何を撮りたいかってことに
よって大きく左右されますから、
そこが大事なんだけれども、
最初は風景、動物、スナップ、物撮りなどなど
いろいろやっているうちに、だんだん
ストリートスナップと、スナップポートレイト
うちの動物たち(笑)に固まってきました。

2014年はそんな傾向が固まったころで
持ち出し回数1位はGR、そのつぎがR-D1s、そしてOM-D

よく2015年はOM-Dが2位につけ、R-D1sがだいぶ後退。
それは、OM-Dに50mmF1.4相当のレンズを導入したことが
大きな要因です。

強力な手ぶれ補正と、ポートレイトモードで人肌を
滑らかにしてくれる機能で
ストリートスナップのGR、ポートレイトのOM-Dとういう
2台持ちが定番になった年でした。

でも翌年もう一つの波がやってきました。
それはまた次に・・、to be continue. :-)

.

GR008655

GR

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

弾丸ツアーズ

GR007772

GR

10月10日から、かなりのしばらくぶりです。
ブログの更新が滞っていた間にいくつか
弾丸ツアーに行ってきました。

まずは只見線!
昨年、新潟に行った時、帰路に通ろうとしたのですが、
寝坊して断念したので、リベンジ。

2011年の豪雨でいくつかの橋が流され、
途中はバスで代行運転してますが、
つい最近、JR東と地域の自治体で
復旧への費用負担がまとまったようです。

DSCF5460

X-E2 XF35F2

 

そして、同じく新潟のmarikichi10さんの個展
内野駅前のイロハニ堂での開催。
この日は午前中は仕事で、昼から出発し、
個展を鑑賞して、翌日仕事なので
その日のうちに帰宅。
まさに弾丸ツアー。

GR008275

GR

それかから、初めて訪れたわたらせ渓谷鉄道。
群馬県桐生から渡らせ渓谷をさかのぼりながら、
栃木県日光市の足尾を結ぶ第3セクターのローカル線。

それぞれ、記事にしてアップするつもりだったのが
ずるずると年末を迎えてしまいました。
そうこうしてるうち、25日にこのブログを始めて
10周年を迎えてました(笑)

いつの間にか10年、よく続いたものだなぁ。
なんとか年内に1本、アップできました。

来年ものんびりと更新していきますので、
よろしくお付き合いください。

それでは皆さん、よい年をお迎えください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

銀座スナップ

GR007413

GR

昨日久しぶりに店頭でいろいろデジカメを触ってみました。
まず、コンデジは、15m防水とかのタフ仕様なものと、高倍率、
1インチのセンサー搭載のハイエンドモデルが目立ち、
数年前まで普通にあった、3~5倍くらいのズームの
典型的なコンデジはほとんど絶滅危惧種!

次に一眼レフ、フルサイズやAPSの中級機はボクには大きく重すぎ!
ボク的にちょうどいい大きさのモデルはキヤノンもニコンも
エントリーモデルで電子ダイヤルが一つしかありません。

露出補正のダイヤルが独立してれば、
・・もっと小さいミラーレスや、ハイエンドコンデジでも
実現してるのに・・
液晶より、老眼にやさしいファインダーで見たくて、
軽さも望んでる中高年に需要があると思いますが
メーカーにとってはどうなんでしょうね。

ワールドワイドでは需要が少ないのかなぁ?

DSCF4739

X-E2 XF35 F2.0

GR007493

GR

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

丸の内スナップ

 

GR007449

 

ちょっと前の丸の内のスナップ

 

GR007452

 

GR007464

GR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

夏の空..Take You To The Sky High

GR007180

GR

2か月半ぶりのご無沙汰です!
このままフェードアウトかと、
ご心配されていたかもしれませんが、
なんとか戻ってまいりました。

このブログを気にかけて、何度も訪問してくれた
みなさま、ずっと更新がなくてすみませんでした。
これからまたスローペースでやって行こうと
思ってますので、懲りずにお付き合いください。

GR007205

GR

この夏はパソコンが壊れて交換に手間取ったり、
なんだかいろいろ忙しかったりしながらも
写真は少しずつ撮っていました。

台風がいくつも上陸したりで、各地で被害が
ありましたが、そのせいか、晴れていても
雲が多かったなぁ、というのが今年の夏の印象。

EM507898

E-M5 9-18

1983年、角松敏生で「Take You To The Sky High」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧