2017年9月21日 (木)

丸の内 5

.

DSCF3602

.

台風が接近していた17日、内田ユキオさんのトークショーに
再び行ってきました。FUJIKINAの時と同じくX-E3について
でしたが、内容が少し違っていて、楽しめました。

2年前に、同じく秋葉原ヨドバシで、その時は
X-T10の発売記念でしたが、内田さんのトークショーを
聞いてだいぶXシリーズに惹かれ、
いまではすっかりXシリーズがメイン機になっています。

トークショーのあとカスタム設定をいじりながら、
雨の丸の内をプラプラ撮り歩き。

,

DSCF3611

.

DSCF3604

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

再編 2

.

GR009554

.

もう一つの再編はGRの活性化!
X100Fが来てからちょっと移動率が落ちてるGR。
以前より28mmよりもっと広角も欲しいという
気持ちがあり、いくつか検討していました。

現在手元にあるのはオリンパスのとてもコンパクトな
9-18mm広角ズーム(18-36mm相当)。
ただ、街スナップにはズームできると逆に
決め打ちできない、足を使わず、なんか
中途半端になってしまうんですよね。

撮影できる位置が限られる風景や、撮り鉄のときは
ズームが必要なんですが、それはオリンパスの
レンズで行い、スナップでは単焦点を選んでます。

そこでGR のワイドコンバージョンレンズ、
ワンタッチでGRが21mmになります。
それほど多く使う機会はないと思いますが、
35mmのX100Fとの組み合わせで、
選択肢が少し広がるかなと期待してます。

GRにつけると、うわさ通り、フロントヘビー!
ガラスの塊っていうレンズですからね。
出目金気味のレンズにプロテクトフィルター
を付けたのですが、けられるという話が多い中、
手持ちの薄型なKenko PRO1Dはけられませんでした。

これで21、28、35、50、75mmが揃い、
これらの組み合わせで出かけることに
なっていくでしょう。
と、本人以外にはどうでもいいお話でした(笑)

.

GR009520

.

GR009525-001

GR+WC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

新宿 Jack and Jill

.

DSCF6801

.

以前はよくR-D1sにKonica 50mm を着けた、
換算75mmで 撮っていました。

R-D1シリーズのファインダーには3種類の
ブライトフレーム、28mm、35mm、50mmがあります。
それぞれのレンズを装着したときの写る範囲がわかります。
R-D1sはAPS-Cのセンサーなので、1.5倍のレシオが
かかり、実際には42mm、52mm、75mm相当の写真が撮れる。

ライカMマウントでは最短撮影距離が70cmとか1mなので
現代のレンズに比べて圧倒的に寄れない、大きく写せない。
そこで50mmをよく使ってました。

2013年頃はかなりR-D1sを使っていて、MFでピントを合わせて
いたのですが、その後人を撮りたい思いが強くなっていくと
AFで撮れるミラーレス一眼に主力機が移っていきました。

ミラーレス一眼のOM-DやXE-2では50mm相当のレンズでの
撮影が多かったのですが、ふと、75mmで撮ってみようと思い、
X-E2にマウントアダプターをかませて着けたのが
1958年製のErrmar 5cm F2.8で新宿をスナップ。

.

DSCF6811

.

DSCF6813

.

DSCF6816

X-E2 Errmar 5cm F2.8

.

1978年、レイパーカー Jr. とレイディオでJack and Jill

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

FUJIKINA 2

.

DSCF3506

.

FUJIKINA 東京ではドレスコードが指定されてました。
と言ってもジーンズ、Tシャツ、短パン、サンダルはだめという
緩いものではありましたが、きとても着飾った綺麗な女性が多かったなぁ。
それに比べて、自分を含めた男性陣はぜんぜんパッとしてなかった(汗;)

.

DSCF3516

.

DSCF3509

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

FUJIKINA 1

.

DSCF6773

X-E2 XF35F2

.

先週の木曜日、都内三田の綱町三井倶楽部で行われた
FUJIKINA 2017 東京に行ってきました。
最初は木曜の夜とはいえ、仕事はあるし無理だろうなぁと
諦めていましたが、よく見ると18:00~22:00で
いくつも行われるセミナーやトークショーのうち
内田ユキオさんのトークショーの2回目が
21:15~22:00で、これなら何とか間に合うかも
と、仕事が終わって急いで会場に向かうと
21時前には到着しなんとか間に合いました!

.

DSCF3550

.

DSCF3547

.

DSCF3534

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

有楽町 4

.

DSCF1949

.

夜のスナップ、窓から漏れる光。
電球色が温かくていいですよね。

.

.DSCF3390

.

DSCF3397

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

有楽町 3

.

DSCF3370

.

なんかちょっといい光景

.

DSCF3401

.

DSCF3408

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

銀座

.

DSCF3362

.

銀座ライカ近くのこのピンクのビルは、
日が落ちて暗くなるころ、怪しい光に照らされて
いつも気になる。

.

DSCF3363

.

DSCF3365

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿

.

DSCF3323

.

恵比寿でチェ・ゲバラの写真展を見てきました。
チェ・ゲバラのことは、ほとんど知らず、キューバの革命家
くらいの知識しかありませんでしたが、
ラジオで写真展の事を聞いて、会期ぎりぎりに
行ってみたら、長蛇の列で1時間待ち!

1928年、裕福なアルゼンチン生まれの医師で南米の
放浪旅行でカストロと知り合い、キューバ革命に従軍。
革命後、国立銀行の総裁や、工業大臣となり
アジア・アフリカに親善大使として、来日。
その後、国際革命闘争に参加するため
世界を転々としながら、1967年ボリビアで捕らえられ、39歳で処刑。

革命運動中や大臣としてアジア・アフリカを訪れた時、
また、キューバや、家族の写真を撮っていて
展示されていた愛用のカメラはNikon S2、レンズは珍しい5cm F1.1

南米の遺跡が好きだったという、そのほか、
発展する工場や、広島を訪れた時の写真、
家族の写真や登山の時のものなど、革命の英雄が見た
日常や世界各地で目にした光景がありました。

もしチェ・ゲバラが生きていたら89歳。
今の世界は彼の目に、どのように映っているのでしょう。

.

DSCF3333

.

DSCF3335

.

DSCF3352

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

広尾の猫

.

DSCF3093

.

猫続きで都会の猫
やはりこんなローアングルにはチルト液晶が欲しいなぁ
↓は撮った後で猫がいることに気が付いた一枚

.

DSCF3091

.

DSCF3100

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧