2022年5月 8日 (日)

2022 桜 真岡鉄道 4

.

P4061457

.

益子の先、七井を過ぎると丘陵地帯に入り里山の風景が広がります。
終点の茂木駅にはSL C-12を回転させる転車台もあります。
さらにその先、茨城県の下館から栃木県の茂木に至った国鉄真岡線が
再び県境を越えて茨城県常陸大宮市の長倉に至る未成線、長倉線も計画されていました。

その半分くらいまでは戦前に路盤工事が終わっていて
トンネルや橋梁が出来ていたのですが、太平洋戦争の勃発により
工事は中断されてそのまま未完成のままに終わりました。

春と秋にそこを歩くツアーが開催されているようなので
今度は参加してみたいなと思っています。

.

P4061493

.

P4061507

E-M5 Mk2 14-150

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

2022 桜 真岡鉄道 3

.

P4061441

.

ちょっと間があいてしまいましたが、真岡鉄道の桜
もう少し続きます。

桜並木が立派な北真岡駅から西田井、北山駅とその先
小貝川を渡るところまで線路はほぼ直線!

.

P4061445

.

P4061453

E-M5 Mk2 14-150

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

2022 桜 真岡鉄道 2

.

P4061433

.

ここは線路沿いの桜並木と菜の花が見事な
北真岡桜菜の花街道。
地元の方々が丹精に手入れをされてます。

.

P4061431

.

P4061422

E-M5 Mk2 14-150

| | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

2022 桜 真岡鉄道 1

.

P4091408

.

茨城県の下館から、栃木県の茂木を結ぶ真岡鉄道。
週末にSLが走っていて、昨年11月に初めて乗ってきました。

今回は桜の季節に撮り鉄。
この路線は平坦な直線が印象的です。

.

P4091428

.

P4091434

E-M5Mk2 14-150

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

2022 桜 常磐線

.

3x000600

.

この日は肌寒い雨、仕事の合間に桜を撮ってそろそろ帰ろうかという時、
時刻表にない列車がやってきました。
国鉄特急色のE653系!

子供のころから特急と言えば、この赤とクリーム色
今リバイバルで聴くシティーポップみたいで、なんか落ち着くなぁ。

.

3x000580

.

3x000578

GR3x

| | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

2022 桜 小湊鉄道

.

P3301459

.

いすみ鉄道に続いて訪れたのは小湊鉄道。
JR東から購入したキハ40も動いているようですが
この日に見たのは昭和36年から52年にかけて製造されたキハ200。

上総大久保から月崎駅に着いた頃には真っ暗になりましたが、
ここはいつ来てもいいなぁ。
月崎駅前のお店のおばあちゃんも元気で何よりでした。

.

P3301464

.

P3301487

.

P3301510

E-M5 Mk2 14-150 

| | コメント (2)

2022年4月14日 (木)

2022 桜 いすみ鉄道

.

P3301409

.

うちの周りの桜はそろそろ葉桜になりつつありますが、
鉄道と絡めていくつか撮ってきたものをアップします。

まずは、いすみ鉄道。
パッと見、昭和な国鉄時代のキハですが、実は2015年製の今どきの車両。

.

P3301420

.

P3301443

.

P3301452

.

E-M5 Mk2 14-150

| | コメント (0)

2021年11月 6日 (土)

鉄分補給!

.

Xe3f2592

XE3 XF35F1.4

.

コロナ禍で2年近く電車に乗ってなかったのですが、
緊急事態解除後のこの一か月は久々の乗り鉄で鉄分補給。

大好きな小湊鉄道も全線を通して乗車したのは今回が初めてだし、
身近だったにもかかわらず今まで乗ったことのない路線など
新たな発見の小さな旅を満喫してきました。

.

R3001487

GR III

.

R3001577

GR III

.

R3001753

GR III

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

台風後の小湊鉄道 1

.

Xe3f2043

X-E3 XF35F2

.

今月8日に暴風を伴って千葉県を直撃した台風15号。
小湊鉄道沿線の家や里山風景がどうなったのか行ってみました。

9日から全線で運休していて、最初に五井と上総山田間で
運行を始めた小湊鉄道。その後順次内陸側に再開していくのかと
思っていたら、次に再開したのは上総牛久から里見の間でした。
それから20日までに全線で運行が再開されたようです。

山田と牛久の間は被害が酷かったようなので、まず中間の
光風台に行ってみました。市原インターを降りて向かうと
周囲の家の屋根にはところどころブルーシートが
被せてあったり、道路わきの看板が折れ曲がっていたり。

光風台駅では跨線橋の屋根が一部無くなっていました。
この辺りは田んぼが広がる平坦な場所で風を遮るものが
無かったのでしょう。

隣の馬立駅には古い木造駅舎がありますが、それは
大丈夫そうでしたが、隣接する古い倉庫のトタン屋根が
一部無くなっていました。

.

Xe3f2050

X-E3 XF35F2

.

Gr010847

GR

| | コメント (2)

2019年6月 2日 (日)

ネモフィラ 2

.

Em501024

.

ネモフィラを見た後の帰りはシャトルバスで阿字ヶ浦へ行き、
ひたちなか海浜鉄道で勝田へ、常磐線に乗り換えて帰宅しました。
その時ふと思い立ったのですが、県内の鉄道に「全部乗ろう!」と。

そう考えた時、一番の懸念は水郡線。
水戸から郡山を結ぶ約150kmのローカル線。
直通列車で3時間10分ほど。さらに支線もあるし。
うちから、まず水戸まで行って水郡線に乗って3時間。
終点の郡山からは新幹線で上野に戻ってだろうな。

大変そうだけど楽しそう!
今年1年かけて全線制覇を目指す!つもり

この日はひたちなか海浜鉄道の勝田―阿字ヶ浦全線と常磐線。
常磐線はこの後都内にも行ったので県内の取手―勝田は制覇。
このあと続くかどうか・・・

その他、北海道の留萌本線や富良野―新得など
廃止が検討されてるところも行きたいなぁ。

ネモフィラは勝田駅のベンチの写真のほうが綺麗だったorz

.

Em501012

.

Em501030

E-M5 14-150 II

| | コメント (0)

より以前の記事一覧