2017年9月15日 (金)

新宿 Jack and Jill

.

DSCF6801

.

以前はよくR-D1sにKonica 50mm を着けた、
換算75mmで 撮っていました。

R-D1シリーズのファインダーには3種類の
ブライトフレーム、28mm、35mm、50mmがあります。
それぞれのレンズを装着したときの写る範囲がわかります。
R-D1sはAPS-Cのセンサーなので、1.5倍のレシオが
かかり、実際には42mm、52mm、75mm相当の写真が撮れる。

ライカMマウントでは最短撮影距離が70cmとか1mなので
現代のレンズに比べて圧倒的に寄れない、大きく写せない。
そこで50mmをよく使ってました。

2013年頃はかなりR-D1sを使っていて、MFでピントを合わせて
いたのですが、その後人を撮りたい思いが強くなっていくと
AFで撮れるミラーレス一眼に主力機が移っていきました。

ミラーレス一眼のOM-DやXE-2では50mm相当のレンズでの
撮影が多かったのですが、ふと、75mmで撮ってみようと思い、
X-E2にマウントアダプターをかませて着けたのが
1958年製のErrmar 5cm F2.8で新宿をスナップ。

.

DSCF6811

.

DSCF6813

.

DSCF6816

X-E2 Errmar 5cm F2.8

.

1978年、レイパーカー Jr. とレイディオでJack and Jill

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUJIKINA 4 More than a feeling

.

DSCF6758

.

内田ユキオさんのトークショーの続き

上はX-E3のカタログに掲載されたもののアザーカット。
この場所で構えて41枚目の写真。

カスタム設定にその雰囲気を冠した名前を着けた例、
取材地がボストンなので、ロックバンド、ボストンに
ちなんでアマンダとか、ストックホルム、ケンブリッジとか
そういう楽しみも紹介してくれました。

飛行機雲がXのタイミングを収めた一枚で
ボストンの話が終わりましたが、そのスライドの
タイトルがボストンのヒット曲“More than feeling”

その後はX-E3と他のカメラを持ち出すときの組み合わせで
X100Fとでは、広角をX100Fに任せて、
X-E3にはXF50mm F2をピックアップ。
換算で35mmと75mm、いいですよね!

.

DSCF6760

.

DSCF6764

.

DSCF6765

.

1976年、ボストンでMore than a feeling

.

 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

桜 小湊鉄道..運命のアイラブユー

.

EM508836

.

先週、桜の満開の時期に小湊鉄道に行ってきました。
午前中は晴れていたのに、到着した昼過ぎからは
あいにくの曇り。

まず最初に到着した飯給(いたぶ)駅ではご覧のような
カメラマンの列。狙っているのは桜と水鏡の定番の
光景なんだけど、この中に入る気にはなれず、傍観者でありました。

まぁ、そんなこと言っても、以前にこのポジションから撮っているから
ということもあるんですけどね。

.

EM508838

.

EM508845

E-M5 14-150

.

久しぶりに曲を行きます。最近よく聞いてるはchayさん。
両親の影響で80年代の曲を聞きこんでるシンガーソングライター。
ギターも一生懸命練習して、この曲のイントロもちゃんと弾いてます。
そしてこの声がなんか良いんですよねぇ。
昭和な雰囲気ぷんぷんの

2016年、chayで運命のアイラブユー

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

スナップ2..Mornin’

.

DSCF5562

X-E2 XF35mmF2

.

過去10年間に持ち出し回数の傾向まとめた
回顧録シーズ4回目は昨年の2016年の変化。

1月にフジのXシリーズ5周年とX-Pro2の発売記念の
大規模な写真展がありました。
世界中のXフォトグラーファーの
いろいろな分野の写真やトークショー。

やられました!

ファッション、ブライダル、ポートレート、
ドキュメンタリー、ストリートスナップ・・・
とにかく人を写した写真の多くに魅せられたんですよ!

X-Pro2だけではなく、Tシリーズ、Eシリーズなど
Xのいろいろなカメラで撮られた写真、
どれも素晴らしかったんです。

それで、2011年にX100が出た時からかなり気にはなっていたけど
OM-Dのようなボディ内手ぶれ補正ではなく、
ズームレンズだけにしか防振が搭載されてない、など理由をつけて
手を出していなかった、フジのXシリーズの中堅機種
X-E2を試しにと、中古で手にしたのですが、
ものの見事にハマってしまいました(笑)

またまた続く

昨日アル・ジャロウの訃報が入ってきました。
大学に入ってすぐ、同じアパートのS君が
持ってたアルバムをカセットテープに録音してもらって
よく聞いてたなぁ。

1983年、アル・ジャロウでMornin’

.

 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

あらめて良いなぁ..The Things We Do for Love

.

DSCF6159

.

フジのX-E2に装着するレンズとして最初に選んだXF 35mm F1.4。
そのあとに同じ35mmながら、よりコンパクトで軽量なF2.0を
入手してからそちらがメインで使ってましたが、
時々F1.4のほうを使うと、やはりこれも良いなぁと
思うのであります。

.

DSCF6162

X-E2 35mm F1.4

最近よく聞く曲

1977年、10ccで The Things We Do for Love (愛ゆえに)

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

夏の空..Take You To The Sky High

GR007180

GR

2か月半ぶりのご無沙汰です!
このままフェードアウトかと、
ご心配されていたかもしれませんが、
なんとか戻ってまいりました。

このブログを気にかけて、何度も訪問してくれた
みなさま、ずっと更新がなくてすみませんでした。
これからまたスローペースでやって行こうと
思ってますので、懲りずにお付き合いください。

GR007205

GR

この夏はパソコンが壊れて交換に手間取ったり、
なんだかいろいろ忙しかったりしながらも
写真は少しずつ撮っていました。

台風がいくつも上陸したりで、各地で被害が
ありましたが、そのせいか、晴れていても
雲が多かったなぁ、というのが今年の夏の印象。

EM507898

E-M5 9-18

1983年、角松敏生で「Take You To The Sky High」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

ハルトラ..Marmeid

DSCF4695


1カ月ぶりの更新になってしまいました。   
この時期は仕事が忙しくて、休日もあまり出かける気力がでないのですが、    
外出した時は写真展のはしごをしたり、ちょっと撮り歩いたり。

そんな5月に撮った写真の中から今回アップするのは
陽香&The Super Traffic Jams 、ヴォーカルとギターのデュオ。

オリンパスの新宿ショールーム移転1周年記念行事の一つでした。   
毎月1回金曜日の夕方にここでライブを行っているのですが、    
この時は土曜に行われていたので見ることができました。

予備知識なく初めて聴いたライブは、すごくよい!   
オリジナル曲やスタンダードジャズ、ボサノバなどの    
アコースティックライブに、ゲストのサックスが入っての3人。    
はるかさんの声が何ともいいのでしたよ。    
ライブ後その場でCD購入して、帰りの車の中で聴いていました。

2010年、長徳さんのチョートク「リスボン旅行記」のBGMに   
ハルトラの曲が使われていたんですね、知らなかった!

この日持参したカメラはOM-DじゃなくフジのX-E2(苦笑)

 

DSCF4701

X-E2 XF35 F1.4

 

2010年、陽香 & The Super Traffic jamsで「Marmeid」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

桜5..矛盾、はじめました

 

EM507352

 

桜の木の下で幸せそうな光景はまだ続きます。

 

EM507360


EM507355

E-M5 14-150mm

 

Negicco、今年最初のシングルは、作詞が土岐麻子、
作曲は”土佐清水の奇跡”さかいゆう。
どちらも洒落たサウンドでいい感じなんですよ。
さかいゆうさんは2月にアルバム発売の時つくばの
イオンモールにミニライブで来たので、聴きに行き
アルバムにサインをもらいました!

2016年、Negiccoで「矛盾、はじめました。」
今日は中野サンプラザでバンドツアー最終日!
ネギライト持ってGo!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜4..\rainbow

 

EM507326

 

桜が満開の時、公園では春の至福なひと時を過ごす人たちで
一杯でした。

 

EM507328

 

EM507332

E-M5 14-150mm

 

今日がメジャーデビューのLeolaさん、
ハワイ語でLeoは声、Laは太陽からつくった造語。

「いつも優しく、ときに力強く、降り注ぐ太陽のように
聞く人の心を晴天にしたい
あなたの心の太陽でいたい」

そんな想いから自ら命名した太陽の声の持ち主、Leolaさん。
2016年、Leolaで「Rainbow」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

X vs Pen F 2..I'm So Excited

 

EM506878

E-M5 25/F1.4

さて、富士のXに続いてオリンパスは、先週Pen Fが発表されました。 

フィルムのPenやライカのようなクラシカルなスタイル、   
いくつもダイアルが並ぶメカメカしさ、    
EVF内蔵でファインダーを覗いて撮れるスタイル。    
懐古趣味ともいわれてもボクにとってカメラってこんな形なんですよ。

今OM-Dを使ってますが、マイクロフォーサーズのいいところは   
システムとしてのコンパクトさ!    
うちにあるデジイチのEOS 40Dと比べると大体半分って感じ。

機能では強力なボディ内手ぶれ補正にダストリダクション。   
これにはずいぶん助けられてます、特に酔ったとき(笑)

そしてシーンモードの中にポートレートと   
eポートレートがあり、この二つの違いは何かというと、    
eポートレートは肌を明るく滑らかに補正してくれます。

ほかのカメラでもフォトショップなどで修正すれば   
できることだし、スマホアプリなんかのほうがこの方面は    
進んでいそうですが、ボクはフォトショップ使ってないし、    
面倒なのでカメラ内で修正できるのは歓迎です。

ただ、eポートレートモードだと絞りが開放固定で   
さらにE-M5だとISO感度も200固定という使いづらさがあり    
使ってません。(E-M5 II ではISO感度は変更できるようになったようです)

その代わり、撮影後のjpegを再生中に後から適用できるので   
それからパソコンに取り込んでいます。

富士のXシリーズにはそのような機能がないのですよね。   
それがあれば・・・   
それにしてもPen Fの形、いいなぁ!

1982年、ポインターシスターズで I’m So Excited

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧