2017年10月26日 (木)

銀座 4

.

DSCF3909

.

今年4月に新しくできたGINZA SIX
そこから出てきた観光客が撮っているのは
向かいのユニクロ

GINZA SIX、初めて行ってきました。
いろいろなブランドが入っていますが、
そちらはあまりというか、ほとんど興味がないのですが、
ライカと蔦屋書店だけは訪れてみたいと思ってました。

ライカはミニギャラリーがあるのと、
蔦屋は写真集のコーナーが充実してるので。

.

DSCF3914-001

.

DSCF3918

.

DSCF3920

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

新宿 Jack and Jill

.

DSCF6801

.

以前はよくR-D1sにKonica 50mm を着けた、
換算75mmで 撮っていました。

R-D1シリーズのファインダーには3種類の
ブライトフレーム、28mm、35mm、50mmがあります。
それぞれのレンズを装着したときの写る範囲がわかります。
R-D1sはAPS-Cのセンサーなので、1.5倍のレシオが
かかり、実際には42mm、52mm、75mm相当の写真が撮れる。

ライカMマウントでは最短撮影距離が70cmとか1mなので
現代のレンズに比べて圧倒的に寄れない、大きく写せない。
そこで50mmをよく使ってました。

2013年頃はかなりR-D1sを使っていて、MFでピントを合わせて
いたのですが、その後人を撮りたい思いが強くなっていくと
AFで撮れるミラーレス一眼に主力機が移っていきました。

ミラーレス一眼のOM-DやXE-2では50mm相当のレンズでの
撮影が多かったのですが、ふと、75mmで撮ってみようと思い、
X-E2にマウントアダプターをかませて着けたのが
1958年製のErrmar 5cm F2.8で新宿をスナップ。

.

DSCF6811

.

DSCF6813

.

DSCF6816

X-E2 Errmar 5cm F2.8

.

1978年、レイパーカー Jr. とレイディオでJack and Jill

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

有楽町 3

.

DSCF3370

.

なんかちょっといい光景

.

DSCF3401

.

DSCF3408

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

恵比寿

.

DSCF3323

.

恵比寿でチェ・ゲバラの写真展を見てきました。
チェ・ゲバラのことは、ほとんど知らず、キューバの革命家
くらいの知識しかありませんでしたが、
ラジオで写真展の事を聞いて、会期ぎりぎりに
行ってみたら、長蛇の列で1時間待ち!

1928年、裕福なアルゼンチン生まれの医師で南米の
放浪旅行でカストロと知り合い、キューバ革命に従軍。
革命後、国立銀行の総裁や、工業大臣となり
アジア・アフリカに親善大使として、来日。
その後、国際革命闘争に参加するため
世界を転々としながら、1967年ボリビアで捕らえられ、39歳で処刑。

革命運動中や大臣としてアジア・アフリカを訪れた時、
また、キューバや、家族の写真を撮っていて
展示されていた愛用のカメラはNikon S2、レンズは珍しい5cm F1.1

南米の遺跡が好きだったという、そのほか、
発展する工場や、広島を訪れた時の写真、
家族の写真や登山の時のものなど、革命の英雄が見た
日常や世界各地で目にした光景がありました。

もしチェ・ゲバラが生きていたら89歳。
今の世界は彼の目に、どのように映っているのでしょう。

.

DSCF3333

.

DSCF3335

.

DSCF3352

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

有楽町 2

.

DSCF1939

.

路上ライブ、飲みながら目のまえで
生歌を聞けるのはいいなぁ!

.

DSCF1940

.

DSCF1941

X-100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

有楽町 1

.

DSCF1919

.

最近X100Fばかり使っていて、
GRの稼働率がだいぶ低いのですが、
久しぶりに使うと、スナップにはとても向いてると
感じますが、最近の自分の変化に
付いてきてないということに気が付きます。

それは何かというと、老眼!
子供のころから視力は良くて
50過ぎの今までほとんどメガネの世話に
ならなかったのですが、ここ1~2年で
急に進んだ老眼のために
液晶でファインダー像をを確認することが
ちょっと苦手になってきました。

しかしながらOVFでもEVFでもファインダーで
見る分には視度補正もあり問題ないんです。
そんなこともあり、最近GRの稼働率が低いのです。

次のモデルチェンジでファインダーが搭載されると
いいんですが、そうすると大きくなるし
無理かなぁ・・・

.

DSCF1920

.

DSCF1937

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

丸の内 4

.

DSCF1868-001

.

前回丸の内の記事を出したのが1か月前、
実際に撮り歩きしてたのは5月だったので
だいぶ引きずってますが、しばしお付き合いを・・・

ここにも多くの海外からの人たちがいました。
洋風な建物の中にいるとここがどこだか
わからなくなりますね。

有楽町の国際フォーラムではこの時イベントが
行われていて、物凄い人たち。
いろいろな食べ物屋さんのブースも出店していて
ここでビールとソーセージで一休み。

.

DSCF1883

.

DSCF1885

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

That’s PUNK

.

DSCF2920

.

ハービー・山口さんの写真集、「That’s PUNK」 の発売記念写真展
表参道のBOOKMARCで6/23-7/2まで開催されてます。
初日のオープニングレセプションは金曜日だったので
行けませんでしたが、大盛況でサイン会は終了までに
なんと2時間もかかったとか。

展示はロンドンのパンク/ニューウェイヴの
ミュージシャンや芸能人ではない普通の人々。
「アーティストを普通の人のように、
普通の人をアーティストのように撮る」と
ハービーさんが言っていたのを思い出しながら、
どれもその人たちの自然な魅力を引き出しながら
撮ってるなぁと感心しきり。

ボクが行った時、ハービーさんは在廊されてて、
いつものようにお客さん同士を積極的に紹介しあって
一人で訪れた人も孤独にしないように、
より楽しい雰囲気にかえていました。

そこで知り合った素敵な女性、
ハービーさんもお世話になってるという会場隣の
ヘアーサロンの美容師さんに勧められていらしたYさん。

ハービーさんが地下鉄の中で偶然出会った
ザ・クラッシュのジョー・ストラマー。
こんなところで声をかけてもいいものかと
躊躇しながらも「写真を撮らせていただいてもいいですか」と
たずねた時のジョーの一言、
「撮りたいものは何でも撮るんだ、それがパンクだろ!」
ハービーさんのその後の心の支えになった一言。

最近しばらく腰が引けてて、正面から人を撮ってない。
自分が撮りたいのは後姿ばかりじゃないだろう!
ジョーの写真を見て背中を押されました。

.

DSCF2921

.

DSCF2933

.

DSCF2937

.

DSCF2940

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

房総の海 5

.

DSCF2667

.

富浦の海岸で日が沈むのをポチポチ写真を
撮ったりしながら、のんびり眺めていました。
このままビールでも飲んで、新鮮な魚を食べて
星を見ながら寝れたら、なんて幸せなんだろう!
なんて思いながら・・・

日没時には雲に隠れていた富士山が
桟橋の左側にちょこっと顔を出してくれました。
それから空も少しだけ焼けた!

.

DSCF2679-001

.

DSCF2687-001

.

DSCF2692

.

DSCF2721

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総の海 4

.

DSCF2622

.

房総半島は北が上の地図では縦に長く、
地図の右側、東側が太平洋に面した外房。
左側、西側が東京湾に面した内房。
夕日を見るなら内房。

都県境の浦安から君津までは埋め立てが進んだ
京葉コンビナート地帯なので、
きれいな海岸というとその南、富津から館山あたりになります。

今回訪れたのは富浦の海岸、
西向きの砂浜から桟橋が伸びていて、
その向こうに運が良ければ富士山が見えます。
この桟橋、大正か昭和の初期につくられたそうです。

波がとても穏やかな海岸で、
みなさん沈んで行く夕日を眺めています。
そんな時「ワンちゃん撮らせていただいてもいいですか?」と
声をかけられ、「どうぞ、どうぞ!」と振り向くと
5Dに70-300mmの本気の機材を持ったチャーミングなお嬢さん。
館山周辺で撮影されてるという。
身近にこんなにきれいな夕日が海に沈むスポットがあるなんて
なんとも羨ましい!
うちの犬とのツーショットを撮らせていただきました。
ありがとうございます!!

.

DSCF2624

 

DSCF2627.

.

DSCF2654

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧