« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月28日 (水)

雨上がり

 
 
 
 

Epsn7444R-D1s M-Hexanon 50mm

 

 

爽やかな風薫る5月ももうすぐ終わり、間もなく梅雨に季節が移り変わりそうですが、
最近雨の写真を撮りたいなぁと思う。

しっとりした地面の反射やしっとりした空気が、モノクロに合うような気がします。
この日は雨上がりで、雲の切れ間から日が少し差し込んだ夕方の東京駅周辺。

 

 

Epsn7450R-D1s M-Hexanon 50mm

 

防水仕様のカメラやレインコートはあるけど、防水のバッグがないなぁ・・・

 

 

Epsn7460R-D1s M-Hexanon 50mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

ベイヤー..眠りの森

 
 
 
 

Gr002051GR

 
 
 
 
デジカメのセンサーは、1画素ごとに赤、青、緑いずれかのフィルターが着いていて
赤、青、緑×2の4画素で色情報を得ているなんてことはご承知の通り。
それら光の3原色にちなんで4枚アップします。
 
 
 

Gr002059GR

 
 
 
そのカラーフィルターを取り除いてモノクロ専用にしたのが、ライカMモノクローム。
1画素ごとの輝度がそのまま画像の1ドットになるので、ローパスフィルターで
ぼやかしたりせず、解像度の高い画像が出てきます。
 
話変わって、ニコンから顕微鏡用のデジタルカメラユニットが1620万画素の
フルサイズセンサー搭載で発売されるとのこと。
1つはカラーで138万円、もう一つはモノクロで177万円!
 
 
 
 
 

Gr002071GR

 
 
となるとニコンからDfモノクロームなんてのが出るのかしら?
もし、モノクロ専用センサーが供給されるのなら、ソニーのRX1とか、GRが
出しそう。その二つなら、モノクロ専用と割り切っても買う人がいそうだけど、
他のカメラでは企画段階で没でしょうね。
 
 
 

Gr002072GR

 

 

GR BLOG TB企画「いろ」に参加

2003年、冨田ラボ フューチャリング ハナレグミで「眠りの森」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

色々

 
 
 
 

R0014819GRD3

 

 

GR BLOGの今月のテーマが「いろ」、ここのところ仕事が忙しく
あまり写真を撮りに行けないので、撮りためたものからセレクト。
上がオペラシティで、2012年12月に篠山紀信展を見に行った時のもの。
思えばこの後から、いろいろ写真展を見に行くようになったなぁ。
下は羽田空港の展望デッキから。
TB企画「いろ」に参加

 

 

R0014900GRD3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

Hot Club de France..Chicago

 
 
 
 

R0015547GXR A12 50mm

 

 

ぱっと見、外国の街角!?よく見ると・・・

最近仕事が忙しく、写真を撮る余裕がないなぁ。
いっそ半月くらい外国へ行ってしまおうか、なんて現実逃避の妄想だけが膨らむ(笑)

 

 

R0015551GXR A12 50mm

 

 

1937年、フランス・ホット・クラブ弦楽五重奏団で、「シカゴ」
ステファン・グラッペリのバイオリンと、ジャンゴ・ラインハルトのギター、
Quintette du Hot Club de Franceのジプシースイングがいいんです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

夢の続き..エルピスの涙

  
 
 
 

Epsn7439001R-D1s Nokton 35mm F1.4

 

先日のハービー・山口さんの写真展の続き

写真展終了後、ハービーさんが詳しく曲への想いなどを聞いていた入日茜さん。
この日、5/7は入日茜さんのニューアルバム「そして、この扉をあけるのは私」の
発売日だったんですが、ハービーさんのラジオ番組で入日さんを取り上げるための
取材でもあったんです。

ハービーさんのラジオ番組はラジオNIKKEI第2、RN2で、木曜日の夜9:20から10:00。
radiko.jp で聴けますし、radiko.jpツールをダウンロードすると、パソコンやスマホで
アプリとしても聞けます。今夜の放送が入日茜さんの紹介のようです。

この写真展のあと、ハービーさんは六本木のスタジオで収録だったそうで、これから
向かうとのこと。前回と違い、車で来てないハービーさんはタクシーを捕まえるという。
一方ボクは会場のすぐ近くに車を止めていた。

「よろしかったら、六本木までお送りします」ということで、今度はボクがお送りしました!
そして車内でまたいろいろ話をしながら、ボクの写真を見ていただき、「いいね」と
言っていただきました!!あー、何と嬉しいことか!!

人の幸せそうなところを撮りたいという、ボクの気持ちを伝えたところ、
「限りある命の輝いてる一瞬を、これからもっと撮っていけばいい」とのアドバイスを
いただき、これを励みに頑張って撮っていこうと思います。

 

2014年、入日茜さんのニューアルバムより、エルピスの涙
エルピスとは禁断のパンドラの箱を開けた瞬間、地上に災いを撒き散らしすぐふたを
閉めて残った最後の希望の妖精

 

続きを読む "夢の続き..エルピスの涙"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ロバート・キャパ

 
 
 
 

Gr002007

GR
 
 
 
GR BLOGのTB企画4月のテーマ「ボケ」でレースのカーテンを波に見立てた
写真が選出されました。
波のようにも、美瑛のような連なる丘のようにも見える写真は、
西日に照らされたカーテンを撮って90度回転させたもの。
 
4月は忙しくてあまり写真を撮れなかったのですが、ふとした
ひらめきが良い結果に結びつきました。
選出していただいたちっちさんありがとうございました。
 
 
 

Gr002011

GR
 
 
 
昨日、恵比寿の東京都写真美術館でロバート・キャパの写真展を見てきました。
3月から今日までの展示、ずっと見に行きたかったのが、終了間際でようやく間に合いました。
 
展示をみるまでは、戦場の生々しい写真ばかりかと思ってましたが、死と隣り合った
厳しい状態の中にあってもユーモアのセンスを忘れない、そんな写真もあったし、
もちろん戦争の残酷さ、悲しさ、むなしさ、ばからしさはとても伝わってきました。
 
戦場以外ではピカソなどの他に、恋人だったイングリッド・バーグマンの横顔を
撮った一枚は思わず立ち止まってうっとりするほど美しかったなぁ。
 
 
 

Gr002030GR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

ハービー・山口&入日茜

  
 
 

Epsn7438001R-D1s Nokton35mm F1.4

 

7日の水曜日、先週行ったハービー・山口さんの写真展にもう一度行ってきました。
先週の夢のような出来事があったばかりでしたが、実は肝心の展示してある写真の
全部を見てなかったんです。

展示の最初と後半の部分を見て、ちょうど真ん中付近を見逃していたんで、最終日の
終了20分前にぎりぎり間に合いました。
それでも今回はじっくりと全部の写真を見ました、そしてパレスチナの人たちの、
彼らのおかれた厳しい現実とは対照的な、穏やかなまなざしが、とても印象に残りましたし、
また、そんな彼らの表情を引き出すハービーさんのお人柄もうかがえました。

閉会ぎりぎりにハービーさんに先日のお礼を述べて、周りの人たちと会場の外へ。
そこでご一緒したのが、シンガーソングライターの入日茜さん。
以前ハービーさんの写真展で映像と音楽のコラボレーションを行った方です。

 

R0015552GXR

 

この日5月7日が入日さんのニューアルバム「そして、この扉をあけるのは私」の
発売日でした。
アルバムジャケットの撮影はハービーさん、お台場の海岸で撮ったとういうその写真は
直前まで降っていた雨が上がり、かすかに日が差してきた時、手にした極薄いレースに
反射した光が入日さんを綺麗に引きたててます。

ハービーさんが入日さんの曲に込められた思いなどを聞いていたのを、横にいた
ボクも聞いていました。その思いや姿勢、声や語り口調などがとてもまっすぐで
心地よく胸に響いてくる方でしたね。

帰宅してからユーチューブにアップされてる曲を聴いて、「あっこの声、スーッと入ってくるなぁ」
ニューアルバム、ぽちっとしました(*^-^)

 

2013年、ハービー・山口&入日茜「写真と音楽が紡ぐ世界」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »