« リコーのミラーレスに期待! | トップページ | 紅葉を求めて »

2009年11月 2日 (月)

秋の色

Epsn1761 R-D1s Indastar-22 50mm

日増しに深まってゆく秋、昨日は半袖でもいられたのに、一転今日は肌寒く、草木も秋の色に変っていきます。先日ジャンクで買った50年前のロシアンレンズ、意外にもまともな写りに驚きながら撮っていますが、これに限らずR-D1sに着けるレンズはズームじゃない単焦点。大きく写したいときは近寄って、大きすぎれば後ろにパックして撮る。先人たちは上手くなるにはズーム頼らず、「自分で動け」といいますね。確かに、高倍率ズームを付けたカメラで自分は動かず、ズームだけビヨ~ンとやってると、これでいいんだろうかと思うときがあります。

Epsn17691_2 R-D1s Indastar-22 50mm

カメラ付携帯の普及で、多くの人たちが気軽に写真を撮る。最近はズームを備えたものもあるようですが、ほとんどは固定焦点。こういう人たちって自然に近寄ったり、バックしたりしてフレーミングして、知らぬ間にそういったことを身につけてるのかもしれません。でもズーム付いたデジカメを持つと、動かずにビヨ~ンとやってしまうのもの。

Epsn1774 R-D1s Indastar-22 50mm

なんともありきたりな前ふりが長くなりましたが(笑)、結局何が言いたいかといいますと、R-D1sにはずっと25mm(換算38mm)を付けていて、28mmのGRDから持ち替えると、「あっ、狭っ」と感じていたけどようやく慣れてきた今、ロシアンの50mm(換算75mm)を付けると、「うっ、でかい、フレームに収まらない」と後ずさりする羽目に・・・。くだらないボヤキですみません。

Epsn1818 R-D1s CS 25mm

|

« リコーのミラーレスに期待! | トップページ | 紅葉を求めて »

コメント

身に染み付いた感覚というのは面白いですよね。
レンズの画角もそうですし、操作もそう。
一眼で撮っていてGRに持ち替えたら、無いファインダーを覗こうとした自分に驚くことがあります(笑)

投稿: ノースマン | 2009年11月 3日 (火) 12時40分

例年よりかなり早い初雪でした!!
炬燵を出して、ヒーターもつけて、真冬のようです(泣)
一番下の、蔦の画像に釘付けです☆☆見事ですね!!!
蔦好きにはたまりません!!!!

投稿: そふぃー | 2009年11月 3日 (火) 20時24分

ノースマンさん

最近はそうでもないですが、ファインダーのないデジカメで、液晶を見ながら撮ることに違和感がありました。「写るんです」でもファインダーをのぞいてましたからね。
画角は単焦点、またはズームでも固定してずっと使っていると慣れてきますが、一つの画角に3年くらいかかりそうです(笑)。


そふぃーさん

初雪なんですねー。関東は雪は降りませんが今朝5度くらいまで下がったようで、今ストーブを付けています。

蔦が見事に生えた廃屋、バス通りに面していて前から気になっていたところです。最近紅葉してきたところで身近に秋を感じました。気にいっていただきありがとうございます☆。自分でも、いい感じの廃れ具合に撮れたなぁと思ってるんですよ。

投稿: jutora | 2009年11月 3日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198645/46649907

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の色:

« リコーのミラーレスに期待! | トップページ | 紅葉を求めて »