« レンゲ | トップページ | 空が落ちてくる I Feel the Earth Move »

2009年7月11日 (土)

次はどうなる!?

R0016765 GRD

GRDIIIがこの秋ではなく夏の暑い時期に発表されるらしいと、田中希美男氏のブログに書かれてあるし、別のところでは27日と具体的な発表日の噂まで出てきて、さて、どんなのが出るのか。

シグマのDP1や最近発売されたオリンパスのE-P1など、一眼レフ用の大きなセンサーを搭載したコンパクトカメラが話題となっている現在、GRDの次期モデルがどうなるか興味はあるのですが、GRDの生い立ちを考えるとそれはないだろうなと思います。

銀塩フィルムのGR1が出た頃は写真やカメラに興味がまだなかったので、当時の状況などが分からないのですが、フィルムを使うにはパトローネを収納するのにどうしてもカメラの厚みが最低35mmは必要、GR1はそれをグリップ部に納めて、それ以外の部分を25mmに仕上げた。フィルムカメラとしては薄型コンパクトで、一眼レフの28mm単焦点レンズ単体より軽く、それでいながら優秀なレンズのおかげで同等またはそれ以上の描写性能、とリコーのHPにあります。

フィルムのGRから、デジタルになって横幅で約1cm、高さで数ミリ小さくなりましたが、この大きさはGRシリーズとして、変えないんだろうなぁ。モデルチェンジしても見た目はほとんど変わらない、そういうのもいいなぁと思います。

ただ、一眼レフと同等の画質という評価からすると4/3かAPS-Cなど、一眼レフと同じセンサーが必要でしょう。特に暗い所や高感度ではなおさらです。そうなった場合マクロはクローズアップレンズでもつけないと、本体だけでは期待できなくなりますけどね。それでも、GRより大きくなってもいいから、そんなコンデジをリコーから出してくることも期待してます。

|

« レンゲ | トップページ | 空が落ちてくる I Feel the Earth Move »

コメント

夏に出すとはニクイですよね。
いつも通り、半年くらい経って値段が下がってから買おうと
思っていたんですけど、リコーの戦略に乗ってしまいそうです(笑)
冬に新しいカメラを買っても、グレーの世界に突入している新潟
では・・・。
GRは今まで通りのサイズで画質が良くなり、なんらかのサプライズ
があったらいいですね。
jutoraさんの言っているサイズが大きくなるものは、他メーカーの
新製品を考えると、差別化が難しくなったGXシリーズで実現される
ような気がします。
GRの発表、楽しみ〜。

投稿: gagagah | 2009年7月15日 (水) 00時11分

gagagahさん

ぜひリコーの戦略に乗って予約を(笑)。
GRD IIIがこのサイズで4/3を載せたら超サプライズなのですが、
さすがにそれはまだ無理だと思います。
私としては高感度特性が上がればそれでよいのですが、
sonyの裏面照射型cmosは来年との予想だし、
いまさら画素数を落とすこともできないだろうし
難しいのかなと思ってます。
あまり大きな変更はないような気がしますが、発表は楽しみですね。

サイズなどのしがらみのないGXのほうが、大きな変化を
期待できますけど、なんとなく単焦点で割り切った仕様で
出てくることを望んでたりします。

投稿: jutora | 2009年7月15日 (水) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198645/45561179

この記事へのトラックバック一覧です: 次はどうなる!?:

« レンゲ | トップページ | 空が落ちてくる I Feel the Earth Move »