2018年10月 1日 (月)

フォトキナ

.

100F7487

X100F

.

フォトキナの開催に合わせて各社からいろいろな
新製品の発表がありました。

リコーからはGR IIIの開発発表!
発売は来年の春とのことですが、手振れ補正に
センサーのゴミ取りが付くのは良いですね!
先日センサーについたゴミを取るために
調整に出したばかりだからなおさらです。

正常進化のモデルチェンジとは別に
前にも書いたけど、EVFを内蔵したモデルが欲しいな。
その分高さが増しても構いません。

あとは、パナソニックのフルサイズミラーレスが
ライカ、シグマとのアライアンスで出る。
それぞれの別々の強みがあり、
これは良い組み合わせに思えます。

そうなると、オリンパスはどうなるのかな?
センサーサイズが小さいといくら高機能、高品質でも
フルサイズの高級機並みの値段をつけるのが
難しそうですよね。

ペンタックスはどうなるんだろう!?
Qは止めたようですが、一眼レフの APS-Cと
フルサイズ、それに一眼レフの645をラインナップ。
今はフルサイズのレンズ開発に注力してるようですが、
周回遅れ感が漂ってます。

今後主流になるであろうミラーレス一眼は
これからAPS-Cとフルサイズを一から揃えるのは
相当大変だと思います。

となると、ソニーEマウントか、ライカLマウントに合流するのが
生き残る道じゃないかなぁと思います。
それにしても大丈夫かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

80年目の国民車・カブトムシ

.

100F7084

.

ワーゲンの3代目ビートルが来年7月で生産中止になるという。
初代は1938年~2003年までに2152万代が生産され
世界でもっとも売れた四輪車。
現行の3代目は2011年から売られているのだけど、
最近は販売台数が低迷しているそうだ。

もし、セカンドカーが持てるなら、ビートル
ミニ、フィアット・500、ジムニー、コペン
そして古いけど、いすゞ117クーペに
2~3年ごとに乗りたいなぁ!

あとスーパーカーなら、フェラーリ・ディノとポルシェ930ターボ!

.

100F7083

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

フルサイズ・ミラーレス

.

DSCF5538

X100F

.

最近ニコン、キヤノンと立て続けにフルサイズ・ミラーレスの
発表がありました。さらに噂サイトでは
マイクロフォーサーズのパナソニックからも
この秋、フルサイズが出るとか!

8月からニコンのティザー広告などで盛り上がってましたが、
ボク的には、注目はしてましたけど、まぁどうでもいいかな(笑)
自分のスナップ中心の撮影スタイルでは
今使ってるフジやリコーのAPS-Cのカメラに十分満足していて
あまりフルサイズ願望がないんです。

また、大きく重い機材は持ち出すのが億劫になるのが
分かっているからなおさらです。

数日前、リコーからGRに関するアンケートが来ました。
多分この秋モデルチェンジがあると思うのですが、
自由意見を入れる項目に、正常進化のGRに加えて
軍艦部にEVFを搭載したGR Plusみたいな機種を希望しました。
老眼には背面液晶だけのカメラはきついのですよ!!
GRらしくない大きさになってもいいからEVFが欲しい!

ただ、唯一ミラーレスを出してないリコー・ペンタックスの
先行きが心配です。カメラ部門だけ、
中国企業に買収されちゃうんじゃないかと。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

災害

.

100F7115

X100F

.

9月6日に最大震度7を記録した胆振東部地震。
その二日前には台風22号が四国・近畿に上陸し
暴風雨で電柱が倒れたり関空が水没したり、
広島、岡山の西日本豪雨災害、
6月には震度6弱の大阪府北部地震。

全て今年、わずか半年に起きた自然災害です。
強力な台風や豪雨は地球温暖化の影響なんでしょうか。
異常気象は世界中で見られますし、
今年の夏は異常に暑かった。
文明社会のつけが回ってきたのでしょうね。
少しでも温暖化を防ぐ暮らしを心掛けなくては。

亡くなられた方々のご冥福と、被災された皆さまの日常が
一日でも早く戻ることを願います。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

雲 真岡鉄道

.

100F7500

.

今は今年最強の台風が日本を通過中で車が飛んだり
大きな被害が出ていて、心配ですね。
うちの辺りではやや強い風が吹いています。

そんな異常気象の今年ですが、ちょっと前に
関東では大きな積乱雲が見られました。

強い日差しで暖められた空気が上昇するときにできるのですが、
上昇するにしたがって気圧が下がって温度が下がり
水蒸気が飽和して凝結して雲の底になる。

さらに上昇して氷結になるが、上空の温度と同じになった時に
上昇が止まり、それが雲頂になる。
その高さは日本を含む中緯度では十数キロに及ぶので
高度1万メートル付近を巡行するジェット旅客機
はそれを避けるようにコースを変えるようです。

さて、この雲は先週訪れた真岡駅近く。
真岡鉄道は何度か見に行ったことがあるのですが、
真岡駅は初めての訪問。

今回は午後からちょこっと行っただけなのですが、
街並みとかSLを模した駅舎とか、かなり良さそうです。
そして毎週SL列車が走っているんですよね。
これからちょっと通ってみようかなと思ってます。

.

100F7510

.

100F7518

.

100F7533

X100F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

稲穂

.

100F7055

7/10 X100F+WC

.

この辺ではゴールデンウイークの頃に田植えをして
お盆が明けて8月の下旬に稲刈りが行われます。

関東鉄道のローカル線が長閑に走る広大な田んぼの区間は
2015年の常総水害で水没したところ。

ここの陸橋からは決壊し水が溢れだし、今はコンクリートで
補修された鬼怒川の土手が遠くに見えます。

あれから3年が経ち、今はご覧のように
しっかり稲穂が色づいています。

.

100F7404

8/17 X100F

.

EM500193

8/22 E-M5 14-150 II

.

EM500206

8/22 E-M5 14-150 II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

夕焼け

.

EM500157

.

夕焼け、日没後のほんのひと時
空が燃えるように赤くなり、燃え尽きるように闇に覆われていく

こんな時に視界の開けた広いところにいられるのは
なんとも幸せな気持ちに浸れます

.

EM500160

E-M5 14-150 II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

ひたちなか海浜鉄道

.

EM500105

.

7月から8月の前半は異常なほど暑かったのが
お盆を過ぎたころ一時、スーッと涼しくなりましたね。
昼間の気温は30℃程まで上がりましたが
湿度が低い!うちの湿度計で40%を切っていました。

今これを書いているときは湿度75%で気温はほぼ同じ。
でも体感温度が全然違い、蒸し暑い。
じめじめでなく、サラッとした暑さはいいなぁ。

田んぼで実った稲はそろそろ黄金色に近づき
もうすぐ収穫の時期を迎えるのでしょうね。

久しぶりのひたちなか海浜鉄道
旧型車はほとんどいなくなり、JR東海から購入した軽快気動車の
キハ11が結構走っていたがそれでも車齢30年!
平成元年製造でもそうなるんだ('_')

.

EM500069

.

EM500123-001

E-M5 14-150 II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

風..Love Never Felt So Good

.

100F7233

.

しばらく更新をしてないうちに1か月が過ぎ、8月になってしまいました(汗)

7月は異常に暑かったですね。
なかなか外出する気になれませんでした。

ちょっとでも涼しさを感じる写真を!

.

100F7236

X100F

.

1984年にマイケルとポールアンカ共作で録音されていながら
スリラーの大ヒットでお蔵入りしていた曲。
マイケルの死後発売されたコンピレーションアルバムの中の
一曲でマイケルのオリジナルも曲は良いのですが、
MVはこちらのほうが好きだなぁ、みんなの笑顔がいいのですよ。

2014年、マイケル・ジャクソンとジャスティン・ティンバーレイクで
Love Never Felt So Good

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

小海線 曇り空

.

100F6716

.

子供のころに見ていたSLの写真で
はっきりと場所が特定できるものが何か所かあります。
山陰本線の余部鉄橋、伯備線は布原信号所付近の
鉄橋を渡るD51三重連、そして八ヶ岳をバックに
小さな鉄橋を渡る小海線のC56等々。

それらはまだ一度も行ったことが無くて
でもいつかは行きたいなぁと、時折思い浮かべていました。
その中で、日帰りでも行けるところ、小海線に行ってきました。

こちらを出る時は晴れてましたが、甲府を過ぎるころから曇り空。
小雨も降る天気で山々は雲で隠れてましたが
高原の雰囲気は感じられました。

1枚目は小淵沢の大カーブ、小淵沢駅を出た
小海線はまさにヘアピンカーブで180度向きを変えながら
南アルプスの山をバックに勾配を登って行きます。

その先、清里と野辺山の間に標高1,375mの
JR最高地点があります。
小海線で有名な写真はその付近で撮られていて
現在の様子が2枚目。

古い写真では小さな鉄橋とSL列車、バックの八ヶ岳は
確かにここなのですが、左に見える橋は線路ではなく
国道141号線の橋、線路はもう少し低い位置にあり
見えないのでした。

事前に調べてはいたのですが、C-56が走っていたころ
国道は写真を撮ったこちら側にあり、その後
線路の向こう側に新道が建設されました。
また旧道と線路の間にある木々が成長して
旧道から線路は全く見えなくなったというのが現況(涙)。

.

100F6730

X100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小湊鉄道夏空